2019年08月27日〜2019年09月29日

樹のちから-東洋美術における樹木の表現-

東洋美術において、樹木のモチーフは重要な役割を担ってきました。緑葉、紅葉、落葉した枯木、そして若木や老木などは、画中の季節を表すとともに、人間の姿や生き様にも例えられます。松や竹などは、文人達に高潔な人格のシンボルとして愛され、水墨画などで人気の画題となりました。中国、朝鮮半島、日本、それぞれで生まれた、多彩な樹木の表現をご覧下さい。

◆毎週土曜日の午後2時から担当学芸員による列品解説を開催。

◆以下の日程でイベントを開催。
【講演イベント】
9/8(日)午後2時~講堂
連続講座 美術の窓
「北斎-神の領域に至らん-」第2回「北斎、戴斗期 1798~1819」
講師:当館館長 浅野秀剛

9/15(日)午後2時~講堂
特別講演「樹々のイメージ-東アジアの樹木表現とその意味-」
講師:同志社大学教授 河野道房氏

9/22(日)午後2時~講堂
日曜美術講座 「中国文人の世界-樹木によせる想い-」                
講師:当館学芸員 都甲さやか
      
【コンサート】
9/7(土)午後1時~講堂
華コンサート 中国琵琶の調べ「夏から秋へと誘う芙蓉」      
出演:葉衛陽(中国琵琶)     
※入館券のみでご鑑賞いただけますが、当日10時から配布する整理券が必要です。

イベントデータ

開催期間 2019年08月27日〜2019年09月29日
入館料 【平常展・特別企画展】
大人620円、高校大学生410円、小中学生無料
電話番号 0742-45-0544

地図・基本情報

施設名
電話番号 0742-45-0544
FAX番号 0742-49-2929
休館日 毎週月曜日(但し祝日の場合は開館し、次の平日が休館)、展示替え期間、年末年始
入館料 【平常展・特別企画展】
大人620円、高校大学生410円、小中学生無料

【特別展】
大人930円、高校大学生720円、小中学生無料