2021年02月19日〜2021年04月04日

特別企画展 中国青花と染付磁器-京都の鹿背山焼

白地に青い文様が鮮やかな中国の青花磁器は、世界で愛好され、写されました。古染付や
京都府木津川市の鹿背山焼など、青花の日本での展開を探ります。

◆毎週土曜日午後2時から「スライドによる展覧会解説」を講堂にて開催。

【講演イベント】
※ご聴講頂く際に、検温および連絡先の記入をお願い致します。
※新型コロナウィルスの感染状況によっては人数制限をする場合がございます。

◆2/28(日)午後2時~講堂 
日曜美術講座「鹿背山焼にみる中国陶磁の要素」
講師:当館学芸部課長 瀧朝子

◆3/7(日)午後2時~講堂
連続講座 美術の窓2021「広重-風土と旅情を描く-」 第1回
広重-生涯と画業(前編)~東海道五拾三次へ至る道〜
講師:当館館長 浅野秀剛

◆3/14(日)午後2時~講堂
特別講演「鹿背山と鹿背山焼」
講師:西念寺御住職 田邊英夫氏

イベントデータ

開催期間 2021年02月19日〜2021年04月04日
開催会場 大和文華館
入館料 【特別企画展】 大人630円、高校大学生420円、小中学生無料
電話番号 0742-45-0544

地図・基本情報

施設名
電話番号 0742-45-0544
FAX番号 0742-49-2929
休館日 毎週月曜日(但し祝日の場合は開館し、次の平日が休館)、展示替え期間、年末年始
入館料 【平常展・特別企画展】
大人630円、高校大学生420円、小中学生無料
【特別展】
大人950円、高校大学生730円、小中学生無料

※令和元年10月1日より消費税率引き上げに伴い料金を改定。