2019年10月05日〜2019年11月17日

特別展 聖域の美-中世寺社境内の風景-

寺社の境内は、神仏の坐す聖域であるとともに、人々のやすらぎの場ともなってきました。赤い鳥居、古寺の塔、掃き清められた参道など、誰の思い出の中にも、懐かしい境内の風景が息づいていることでしょう。そして、その風景は、ふるくから絵にも描かれてきました。美麗で精緻な絵画から朴訥な味わいの絵図まで、多彩な表現で寺社を描く作品を一堂に揃えます。

◆毎週土曜日の午後2時から担当学芸員による列品解説を開催。

◆以下の日程でイベントを開催。
【講演イベント】
10/13(日)午後2時~講堂
日曜美術講座「中世寺社境内の風景」
講師:当館学芸部長 泉万里

10/20(日)午後2時~講堂
講演会「聖地の絵画化と権力-春日、山王、竹生島」
講師:成城大学教授 相澤正彦氏      

11/10(日)午後2時~講堂
講演会「風景画として見る境内図-歩く眼、佇む眼」
講師:国立国際美術館館長 山梨俊夫氏

【コンサート】
10/26(土)午後1時~講堂
華コンサート チェンバロ「秋風にそよぐコスモス」      
出演:中野振一郎(チェンバロ)     
※入館券のみでご鑑賞いただけますが、当日10時から配布する整理券が必要です。

イベントデータ

開催期間 2019年10月05日〜2019年11月17日
入館料 【特別展】
大人950円、高校大学生730円、小中学生無料
※消費税率引き上げに伴い、10月1日より料金を改定致します。
電話番号 0742-45-0544

地図・基本情報

施設名
電話番号 0742-45-0544
FAX番号 0742-49-2929
休館日 毎週月曜日(但し祝日の場合は開館し、次の平日が休館)、展示替え期間、年末年始
入館料 【平常展・特別企画展】
大人630円、高校大学生420円、小中学生無料
【特別展】
大人950円、高校大学生730円、小中学生無料

※令和元年10月1日より消費税率引き上げに伴い料金を改定。